お客様の声 | 株式会社エルエーピー

お客様の声

1. 冨沢 伸一郎 様(47)神奈川県大和市在住

パワーアシストハンドを使用したあと、手が開くようになりました。
特に、使用直後は手の開閉がしやすくなりました。
日常の変化としては、麻痺側の手で今まで財布が持てなかったのですが、
パワーアシストハンドを使用してから財布を持てるようになりました。

(5年9か月前に脳梗塞を発症し右半身麻痺、使用期間:11か月、1日150回を2回使用)

2. 松浦 薫 様(58)東京都世田谷在住

パワーアシストハンドを使用してから、
療法士の方に、手が温かさと柔らかさがあると言われるようになりました。
先生の助けもありますが、ゆっくりと麻痺手で新聞をめくる事が出来るようになりました。

(4年6か月前に脳出血を発症し右半身麻痺、使用期間:1年1か月、1日200回を2回使用)

3. 宮沢 正子 様(64)千葉県木更津市在住

手動で足のスイッチを入れ、右手も一緒にグーパーをして使用しています。
右側手足の運動と感覚、意識の高揚を図っています。
重度の麻痺のため、大きな改善は見られませんが、指の硬さが和らぎ、
手洗い介助が容易になるなどの効果がみられます。
最低限、今より悪くならないよう継続していきたいと思います。

(3年8か月前に脳出血を発症し左半身麻痺、使用期間:1年1か月、1日300回を2回使用)

4. “喪失” から “獲得” へ

脳卒中でたくさん“喪失”してしまいましたが、今は色々“獲得”してやろうと奮闘しています。
ですが“回復”への道は険 しく、脳自身の別のアプローチも試みようと自己幹細胞治療にも興味を持ちましたが、
国内での脳出血患者への外来の情報は中々なく、悪戦苦闘しております。
しかし先日家内が作りかけていた炒飯を最後まで私が炒め、喜ばれました。
リハビリは裏切りませんね。ちょっとした事なんですが、以前出来なかった事が僅かでも出来る様になると本当に嬉しいです。
そんな瞬間が増えました。時間が空くとちょくちょくやっているパワーアシストのお蔭です。

5.新聞がめくれた!

十月から介護保険を使って在宅のリハビリを始めました。その先生がまず初めに主人の手を触って驚かれました。
倒れてから 四年たっているのにこの手のあたたかさとやわらかさ、これまでの努力がわかります、と言われました。
こういう状態はあまりないとも。これもパワーアシスト ハンドを毎日使っているおかげだと思います。
毎週火曜日に来ていただいているのですが、先週初めて机の上で右手で新聞の端をつかみ開いていく動作をやりま した。
主人は、最初“そんな事はできない”と言っていましたが、もちろん先生の助けがありますが、ゆっくりと新聞をめくっていくことができました。
私は今まで想像すらできない動きにびっくりして、感動しました。“こんなこともできるようになるんだ!”と。

6.痛いほど動く喜び

老人ホームで家内の左手に装着した処、大変良くSet出来ましたので自動で何回も行う事が出来ました。
本日、老人ホームで家内の左手にsetし実験しました処、各指が大変良く開いてくれまして、
本人が(指が痛い)と言う位、良く指が動いてくれました。

7. あせらずゆっくり頑張ります

息子に代り御礼申し上げます。
くも膜下出血発症から8年余り、日常生活の大半をST,PT訓練に励んでおります。
しかし手についてはなかなか効果が上がらず悩んでおりました。
貴社のパワーアシストハンドに巡りあい、毎日続けております。
使用後しばらく指が伸びているので先づびっくりしました。しかし、いつのまにか元に戻ってしまう状態です。
良い結果をご報告出来ますことを願いつつ、あせらずゆっくり頑張って行くつもりです。

8. 爪が早く伸びるように

毎日パワーアシストハンドでのリハビリを続けております。
右手の血行が良くなったお蔭か、以前よりも右手の爪の伸びが早くなったように感じます。大きな変化です。
これから寒さもさらに厳しくなる時期を迎えますので、リハビリをしてケアしていきたいと思います。

▲ PAGE TOP

無料お試し体験